「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

オーディオとLP・CDの紹介,ロードスターのブログです。コメントは承認制になっておりますが基本的には公開します。トラックバック・フリーです。je5cxr☆yahoo.co.jpまで ☆→@
by NIKI
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Paris Tokyo Trio avec Oriental Shuffle / Tokyo Session

f0000652_22575027.jpg

Clの宮崎さんが持っていたCDで、収録されている曲だけみて思わず買ってしまった(笑)
東京のジプシージャズバンドOriental Shuffleとフランスはパリで活躍するRP Quartetの強力ギタリスト、Rémi OswaldとEduard Pennesの二人による日仏混合スタジオセッションアルバムだそうです。

東京で録音し、パリでミックス、ハイテク機材を駆使したそうです。しかし、出てきた音は温かくアナログライクです。しかも一発録りだそうです。

斬新なアレンジなのに、どこか懐かしい感じがします。久しぶりにこの手の音楽を真剣に聴きました。緊張感が漂う空気感も一緒に収録されているようです。これ、個人的にリファレンスとして使いたいと思います。
[PR]
# by je5cxr | 2016-08-26 23:05 | アルバム紹介 | Trackback | Comments(0)

株式会社村田製作所 球形ツィーター ES105 ③

f0000652_17595537.jpgあり合わせの線でつないでいたES105。スピーカーケーブルが違うのは音色が揃わないので私はあまり好きではありません。そこで、少し長かったベルデンのスピーカーケーブルを切って使うことにしました。バナナ端子は、信頼のPOMONAです。
鉄仮面の高域のちょっとした不足分を補うには充分になりました。慣らしをしていますが、この部屋ではこれが限界で、もうこれ以上を求めるのはやめようと思います。
[PR]
# by je5cxr | 2016-08-26 18:05 | 東京の部屋のオーディオ | Trackback | Comments(0)

神保町Jazz & Bar Concert(コンセール)

f0000652_1733179.jpg

ここのお店を一発で見つけた人はすごいと思います。携帯電話のナビもほぼ役立ちません(近くで終了します)。看板は目立たず、裏通りにひっそり佇む隠れ家的お店です。
少し重いドアを開けて入ります。このドアもアンティークなもので少々開けにくい(笑) ドアは自動で開くよりもやはり少し重いドアを開けるほうが私は好き…。

JBL4425 と デノンのプリメインアンプ、デノンのCDP、デノンのLPP(シュアーV15タイプⅣ)の組み合わせで鳴るJAZZは過不足なく音楽を奏でてくれます。季節のフルーツを使った非常に美味しいカクテルが飲めます。
[PR]
# by je5cxr | 2016-08-26 17:38 | JAZZ-SPOT | Trackback | Comments(0)

Old Feeling Night@神保町Jazz & Bar Concert(コンセール)

f0000652_17182015.jpg

玉木勝(b) 宮崎佳彦(Cl) 今泉まり(p)
ASABA トリオの時に聴いて、上手いなあ…と思っていたベーシストの玉木さん。彼とは同郷でよくよく聞くと、近所だったというこれまた面白い共通点がありました。高校の後輩でもあります。
お盆の時に、徳島でたまたまお会いし、Liveがあるときは是非!とのことで、ちょうど時間が合ったのもあり、聴きに行っていました。一般的なジャズライブよりほんの少し古い時代の曲を中心(スイング ジャズ や ディキシーランド ジャズなど)にしているそうです。今回は、ニューオリンズが中心でした。

宮崎さんのクラリネットが非常に良い…。というか、どこかでお会いしているはずなのですが、お互い思い出せずにいますが(笑)
今泉さんのピアノは非常にノリが良く、聴いていて心地いい音です。

久しぶりに、古き良きJAZZを聴きました。
[PR]
# by je5cxr | 2016-08-25 22:27 | LIVE | Trackback | Comments(0)

株式会社村田製作所 球形ツィーター ES105 ②

このSTWえらい大人しいなあ…と思っていました。もう少しチャカチャカ鳴っても良いのに…と。
あるもの…
「スピーカからの逆起電力を低減するため・・・」
とかいう小物をつけていたことを思い出し、それを外しました。
すると、STWが生き返ったようにチャカチャカ鳴ります。こういう余計なものはつけてはダメですね…。

さて、STWで大事な前後の位置合わせはほぼ完ぺきに・・・。
コアキシャルのTWコーン紙の底と、ES105のドームの先端部がほぼ同じ位置に合わせました。
ウーハーはTWの後ろにありますから、タイムアライメントは結構いい加減です。

高域の粗い部分が改善されて聴きやすくなりました。さて…本格的に導入するか悩みます。
[PR]
# by je5cxr | 2016-08-22 21:17 | 東京の部屋のオーディオ | Trackback | Comments(0)

歩くだけで、LPの針が…

f0000652_19503130.jpgラックが丈夫すぎるために、床からの振動を拾います。ラックの前を歩くだけで針飛びするのにはちょっと驚きました。座布団ことブラックラビオリを支柱に4点支持で置いたところ、針は飛ばなくなりました。
流石、振動を遮断する効果はあるんですね・・・。音の変化は比較的少ないです。低域が伸びたように思います。
[PR]
# by je5cxr | 2016-08-21 19:50 | 東京の部屋のオーディオ | Trackback | Comments(0)

株式会社村田製作所 球形ツィーター ES105

逸品館オリジナル AIRBOW 波動ツイーターCLT-2 も非常に良かった…。
しかし、私の本命はこちらのSTWだったのです。
f0000652_2058355.jpg

・波動ツイーターよりも置く場所が困らない(というか、引っ掛けて落とす可能性があった)
・この村田のSTWは昔聴いて欲しいと思ったけれど、ALTECとは能率が合わないだろうからあきらめていた
・Siemens コアキシャル 正直もう少しだけ高域が伸びてほしいと思うことがあり、TWを導入したかった

さて、正式導入はもう少し先になると思いますが、とりあえず色々なジャンルを聴いている途中です。
[PR]
# by je5cxr | 2016-08-20 21:03 | 東京の部屋のオーディオ | Trackback | Comments(0)